良性発作性頭位めまい症ですが、一般的には自然に治癒するため心配はいりません。
しかし、それほど重大な病気ではないとしても、この回転性のめまいはかなり辛いものがあります。

いろいろなインターネットの情報や各種医学書をみても、重大な心配事は記載されてませんが、この良性発作性頭位めまいは、確かに「めまい」自体は日を追うごとに軽くはなるのですが、発症してすぐの状態は、日常生活に支障をきたすレベルの激しいめまいが起きます。

実際に自分におきた「良性発作性頭位めまい症」について調べた時の事を報告したいと思います。

発症した時の事

2_s

元々私は三半規管が弱い方で、子どもの頃はドライブをするとよく車酔いをしていました。

大人になってからは普通の生活範囲では乗り物酔いはなくなったのですが「長時間の山道のドライブ」「揺れる船」「遊園地の絶叫系のジェットコースター」などの回転性の乗り物はやっぱり苦手でした。乗ると今だに「めまい」と「嘔吐」に襲われるので乗らないようにしています。

最初に良性発作性頭位めまい症が発症した当時の事です。

ちょうど「自宅の新築」と「引越しの準備」に毎日追われていて大変多忙な生活をおくっていました。睡眠時間も少なかったと思います。

新築を建築中に現場での些細なミスや手違いなども重なって、精神的にもストレスがかなり溜まっていました。そんな中、朝起きたらぐるんぐるんと・・突然自分の周りが回っていることに気づきました。

素人が、4回転ジャンプを3回連続成功させた後のような症状

atama_kakaeru_woman[1]「良性発作性頭位めまい症」は、耳の中のカルシウム粒子が原因で発生する回転性のめまいです。

わたしが感じた症状としては、じっと上向きに寝ていて目を開けると、天井と周囲の壁、景色が右下45度ぐらいに傾いてぐるぐると時計回りに回転していました。









自分は全く動いていないのに、自分の体も同じように右下45度に傾いて、下に落ちていくような感覚に襲われました。恐怖でじっと寝ていられません。初めての感覚でしたので、「脳卒中や梗塞などを起こしたのでは?」と思いました。

元々頭痛持ちで「立ちくらみ程度のめまい」はよくあったので、とりあえず気分の悪さと頭をはっきりさせようと、ふらつきながらシャワーをあびましたが「めまい」はおさまりません。

この「めまい」は頭を決まった方向に動かさない限りめまいは起きないはずですが、強烈な吐き気がおそってきてじっとしていられません。
結局、朝の家事も何もできずにうなっていました。

発症後のわたしの対応は

女子サッカー日本代表の澤選手もこの病気になりました。わたしは、ニュース報道などで「良性発作性頭位めまい症」についての知識がありましたので、たぶんこの病気に間違いないと勝手に思っていました。しかし、確かめるために「耳鼻科に受診するにしても」このめまいがひどすぎて、車を運転できる自信がありませんでした。

インフルエンザや風邪などならどんなに熱が高くても気力で色々行動できますが、このめまい、厄介なことに吐き気がひどいのでじっとしているしかありません。

色々試してみて、私の場合は「あたまを高くして寝るとましだったのですが、左側を下にするとめまいが酷くおこりましたので、

結局座った姿勢で数時間嘔吐しつつも我慢してうたたね寝していたと思います。
目がさめた時は少しすっきりしていましたがめまいは続いていました。

対応①:耳鼻科受診

耳鼻科に連れて行ってもらい、ベッドに寝た姿勢で頭をいろんな方向に向けられました。そして、めまいがいつ起きるか?眼振が見られるか?などを調べてもらい、聴力検査なども受けました。しかし、私は耳鳴りや聴力の異常は全くありませんでしたので、やっぱり予想通りに「良性発作性頭位めまい症」と診断されました。

投薬について

吐き気止め・・・ナウゼリン

抗めまい薬・・・メリスロン

めまいや吐き気を抑えて内耳の血流を改善しむくみを取る作用があります

抗不安薬・・・メイラックス

不安、緊張、焦燥、抑うつなどの精神症状を改善する作用があります。

この病気の説明とめまい体操について書かれたパンフレットをもらいました。

経過の報告

耳鼻科を受診してもらった薬を飲んだら「めまいの症状が良くなる」と思っていたのですが、簡単には治まりません。

朝よりは午後から少しはましになりましたが、普通に歩いたり家事をしたりできる訳ではありません。なので、めまいが起こらない方向に頭を向けてじっとしていました。

しかし、子どもが2人いるのでずっと1日寝ている訳にもいきません。

子どもが下校するまでには何とか体調を改善して家事や夕食の準備もしないといけないので、耳鼻科でもらったパンフレットを見てめまい体操も行いました。

でもこの体操、今起こっているめまいを軽減するというよりも、これから起こりにくくするために平衡感覚を鍛える体操で即効性はありません。めまいに耐えてネットで色々調べたところ、エプリー法というのを発見、実際に施術している動画も見つけたので試してみることにしました。

対応②:めまい解消には、エプリー法

横になって頭部だけをさらに下げてめまいが起きる方向に向けます。
もちろん、とんでもなくひどい「めまい」に襲われますが、普通ならひどい「めまい」も我慢していると30秒程度で消失するので、それを何度か繰り返すと、めまい解消に即効性があると書かれています。

頭を水平より下げる必要があるので、ソファに横になってやってみました。

結果は、決してお勧めしません!

私の場合ですが、朝から続いためまいが時間とともに少しはましになっていたのに、このエプリー法(自分で勝手にやってるので専門家がするようなものではないですが)でめまいがひどく起こる体位を何度か取って、めまいが消失するまで30秒程度耐えるということを繰り返した結果は最悪です。

少しはましになっていためまいが再び激しくなった上に、めまいが起きない体制をとっても気持ち悪さや嘔吐感がおさまらずに余計に気分が悪くなろ。身動きが取れなくなってしまいました。

耳鼻科で医師にきいてみたところ、必ずしも即効性があるともいえないので、めまいがひどいときは無理にしない方やがよいとの事、耳鼻科でも施術を行っているところは少ないようでした。

素人が勝手に判断してむやみに挑戦してみない方がよさそうです。

その後の経過

次の日の朝になると、少しはめまいが残っていたのですが初日よりは、はるかにましになっていました。次の日は学校役員の仕事もあったので、出かけました。

道の端を歩いていたのに、真ん中に進んでいるような妙な違和感がありました。
なるべく頭をめまいが起こる方向に動かさないよう行動しました。

プリントをつづる作業があったので、うつむいてしなければなりません。
作業中は頭を上に起こした時に少し回転するめまいがありましたが何とか乗り切れました。

そして次の日、大分おさまってきて日常の生活は普通におくれるようになりました。
しかし、横になるとめまいの恐怖があったので「まためまいが起きるのでは?」「周りの景色が回ってくるのではないか?」という「めまいが起きたらどうしよう」という不安感がつきまとい、落ち着きません。

こういう不安に襲われるので精神安定剤や抗不安薬が1週間程度処方されているのだと思います。

なるべく安定剤を飲みたくなかったのですが、1週間はきっちりと飲みました。
日ごとにおさまってきて、1週間後にはめまいが起こる体勢をとっても起きなくなり改善しました。

2度目のめまい

その後、この病気のことを色々調べたところ、かなりの確率で再発すること、自然治癒するとはいうものの、何年もこの病気で苦しんでいる人も多いことを知り、ずっと不安感はありました。そして、約3か月後、またこのめまいが起きてしまいました。

stress_woman原因は強いストレスと寝不足だと思います。家の新築のことでまた面倒な問題が起きて精神的に強いショックを受けて鬱々としていました。

色々調べ事が発生して、夜遅くまでネットで調べ物をしていて睡眠不足でした。

朝起きたら前回と同様に周りの景色が時計回りに回っていました。目を強くつむってまた開けて、このめまいが気のせいだと思い込もうとしましたが駄目で、今度は違う耳鼻科を受診しました。

前回同様に聴力検査とめまいが起きる体制をとって眼振を調べる検査をしたところ、めまいが起きているときに眼振がみられました。受診が午後だったせいで、だいぶめまいは軽減していました。

前回と同じ診断で薬がだされました。原因についてきいたところ、やはり過労やストレスが要因のようです。年齢的にも40代になり疲れがたまりやすくなっていたみたいです。

前回と同様にしばらくは意識してこのめまいが起きない体勢を取って嘔吐感に堪えていたら2、3日で起こらなくなりました。

対応③:めまいを起こさないように日常でできること

walking_woman[1]

2度の良性発作性頭位めまい症で懲りたので、もうおこさないようにするために日常生活を改善することに気を配りました。

当時、仕事もしていなくて特に運動もしていなくて肥満体型ではないですが若い頃から比べると徐々に体重も増えてきていましたし、あまり食生活に気をつけていませんでした。

そこで、野菜を中心の献立にして大豆製品などで良質のたんぱく質もしっかり取るようにしながら、少しダイエットをして体重をしぼりました。

健康に良いと言われる食品や発酵食品も積極的に取るようにし、便秘も解消しました。ウォーキングやジョギング、ストレッチなどを毎日するようにしました。

私の場合は日常的に体を動かすこと、運動をすることが一番効果があったと思います。その後、仕事を始めたので疲労はかなりあるはずですがぐっすり眠れているせいかめまいは起こっていません。夜更かしをしたり長時間パソコンに向かったりはしないように常に意識して生活しています。

めまいや耳鳴りなどの症状をやわらげる効果があるとはいえませんが、体のサビを落とし、海外では医薬品認定さえうけているピクノジェノール(飲む美容液)などのサプリメントも試してみると良いかもしれません。 ピクノジェノールとは?

ピクノジェノール

めまい体験記事投稿より

  • めまいがしたときに疑うべき疾患と症状
  • 良性発作性頭位めまい症
  • 良性発作性頭位めまい症(BPPV)経験談
  • メニエール病とめまい
  • 前庭神経炎と「めまい」について
  • 突発性難聴と「めまい」について
  • ストレス性のめまい
  • 中毒性のめまい
  • 職業性難聴との関係
  • 中耳炎の合併症の内耳炎
  • 子供のめまい
  • もっと調べたい事は検索