女性のヘアトラブルで多いのが「白髪」。白髪はお年寄りのイメージが強いですが、最近では20代など若い時期でも白髪になってしまう女性が増えてきているんですね。白髪対策に追われる日々を過ごしている方も少なくありません。白髪対策と言えば「白髪染め」が手っ取り早いですが、これでは根本的な改善にはなっていないので、何度も染め直すことになります。コストがかかるのはもちろん、美容院に通ったり、セルフカラーリングをしたりと手間隙もかかりますよね。できれば白髪染めと並行して、身体の内側からのケアもするようにしましょう。白髪に良いとされる栄養成分はたくさんありますが、中でも注目されているのが
「アスタキサンチン」という成分。抗酸化作用が強いイメージが大きいですが、実は白髪対策や予防、改善にも大きな効果を発揮してくれるんです!

アスタキサンチンの白髪への効果・効能

黒髪を作る機能の低下を防ぐ!

白髪のない髪私達の髪はメラニン色素を作る細胞や機能によって髪色を維持しています。加齢(老化)によって髪の色素細胞や機能が低下すると、メラニン色素が上手く作られなくなり、髪色が抜けて白髪となってしまうんですね。老化は加齢だけでなく、活性酸素の働きも影響しています。なので、レスベラトロールのおよそ3,000倍もの抗酸化作用がある「アスタキサンチン」を摂取する事によって、髪の色素細胞や機能の低下を防止・改善し、白髪をできにくくさせる事が可能となります。

ヘアケアを怠っていないのに白髪が増えるという方は、黒髪を作る機能が低下しているのかもしれません。
髪の栄養不足を補うのも大切な事ですが、よりスムーズに白髪対策をするためにも一緒にアスタキサンチンも摂るようにしましょう。

メラニン色素を増強させる!

073720アスタキサンチンはカロテノイドの一種であり、色素群の仲間でもあります。白髪防止・改善に重要な「メラニン色素」も色素群の1つなので、アスタキサンチンのパワーがより効きやすくなっています。
メラニン色素と高い親和性があるのもアスタキサンチンが白髪防止や改善に効果的と言われる理由の1つなんですね。アスタキサンチンの刺激によってメラニン色素が増強されると、より健康的な黒色の毛も生えやすくなります。

アスタキサンチンによる白髪への効果は身体に働きかけ、内側から作用していくので即効性は期待できません。今すぐに白髪を隠したいという方は「白髪染め」がオススメですが、それと同時にアスタキサンチンも摂取してあげるようにしてくださいね。アスタキサンチンは紅鮭やいくらなどに含まれていますが、サプリメントからでも気軽に摂取することが可能です。